外資系転職に求められる英語スキルはどれくらい?

  • 転職ガイド
記事をシェアする
Facebook Twitter LINE

外資系企業への転職を考えたとき、まず思い浮かぶのは「どれくらいの英語力が必要なのか」という点ではないでしょうか。企業によりさまざまな基準があるものの、実はネイティブレベルの英語力は必要ない場合も。ここでは外資系転職に求められる英語スキルとその獲得方法についてご紹介します。

外資系企業はバイリンガルほどの英語力は必要ない バイリンガルレベルでなければ外資系転職できないとは限らない

外資系企業へ転職する際には、面接で英語力を問われることがあります。国内企業でも一定の英語力を求められる現在、外資系企業への転職となるとバイリンガルレベルの高い英語力がなければ働くことは難しいというイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

しかし、企業や部署によって求められる英語力は異なるものの、外資系企業で働くためには必ずしもバイリンガルほどの高い英語力は必要ないことが。外資系企業といえども、上司や同僚など周囲の社員がほとんど日本人であることは珍しくはないのです。本社や各支店とのコミュニケーションを行う部署や、役職に就いている場合は英語力が求められることもありますが、製造ラインなどで仕事に就く場合は英語を使う必要なく働けることも多いものです。

TOEIC〇〇点というのは目安でしかない

英語力を判断するための判断材料として多く用いられるのが「TOEIC」のスコアです。外資系企業の求人情報でも、「TOEICスコア○○点以上」という条件が求められることがあります。しかし、英語のレベルはTOEICのスコアだけで判断できるものではなく、スコアが低い人でもしっかり英語でコミュニケーションが取れることもあれば、スコアが高い方でも現場でうまくやり取りができないこともあります。

つまり、TOEICで高いスコアが取れれば外資系企業で活躍できるとは限りません。仕事で使える英語力とTOEICのスコアはイコールではなく、TOEICのスコアはあくまでも英語力を判断するための目安の1つと考えておいたほうがいいでしょう。

テストの好成績よりも実際にコミュニケーションが取れることが何より重要

では、外資系企業で何が重視されるかというと、自分の考えや主張したいことをしっかりと伝えられる能力です。上司や同僚、部下とスムーズに業務を進めるためのコミュニケーション能力を磨いていきましょう。転職の面接の際には、「日本の駅で乗り換えに迷っていた外国人の観光客を助けた」「1人で海外旅行にチャレンジし、現地の人々と交流することを楽しんだ」といったコミュニケーション能力×英語力を発揮したエピソードを用いて、アピールするのもおすすめです。

外資系企業でも通用する英語力を身につける方法とは?

外資系企業でスムーズに英語でコミュニケーションを行うには、TOEICのハイスコアを目指す勉強よりも実践的な英語力を身につけるのがおすすめです。そのためには、日ごろから意識して英語を使う時間を増やしてみましょう。

英語力を身につける方法の1つとしてまず挙げられるのは、英会話スクールです。ビジネス英語を学べるコースもあるので、実践的な英語を学べる場と言えます。しかし、なかなか英会話スクールに通えないという人もいるでしょう。そんな場合は、以下に挙げるオンラインでの英語学習法を試してみましょう。

- 気軽にオンラインチャットから始める
インターネットやスマートフォンが普及している現在、世界中の人と気軽にオンラインで会話できる機会が増えています。日本語を学びたい外国人と、英語を学びたい日本人とをマッチングを、オンラインで無料でチャットによるコミュニケーションができるサービスも登場しています。最初からお金をかけるのに抵抗がある、オンライン上で活きた英語に触れてみたい、という方は、ぜひそのようなサービスから始めてみてはいかがでしょうか。オンラインの気軽なやり取りだからこそ、「:)」「lol」のような絵文字やスラングを知る機会にもなるでしょう。

- オンライン英会話レッスンを利用する
しっかりとビジネス向きの英語力を身につけたいのであれば、オンライン英会話もおすすめです。オンライン英会話ではSkypeなどのビデオチャット機能を使用し、英会話講師とオンラインでマンツーマンのレッスンを受けられます。自宅でレッスンを受けられる上に英会話スクールよりも時間に融通がきき、しかもコストは割安です。実際に会話しながら学べるため、ネイティブの発音やアクセント、会話のテンポも学べます。

- 英語学習アプリで語彙力を増やす
基礎的な英語力や語彙力をアップさせるための方法として、英語学習アプリもあります。コミュニケーションには聞く・話すが大事ですが、そのためにはある程度の語彙力が求められます。ビジネスシーンでの円滑なコミュニケーションのため、語彙力が足りないと感じる場合は、英語学習アプリを活用するのも1つの手段です。また、アプリで文法をしっかり習得することで、英語でのプレゼンや報告書といった正式な資料作成の手助けになるでしょう。

外資系企業で働くには、必ずしも高いレベルのビジネス英語力やTOEICのハイスコアが求められるわけではありませんが、コミュニケーション能力は重視されます。外資系企業への転職を目指すならTOEICの試験対策を詰め込むのではなく、自分の思っていること、言いたいことを上手に表現するための円滑なコミュニケーションを遂行できる語学力習得を意識して、英語学習を進めましょう。

外資系企業の公開求人はこちら

語学力を活かせる公開求人はこちら

ランスタッドの転職支援サービスに会員登録

関連コラム